善都財団がみよし市「子育て見守り訪問事業」に寄付

投稿日:

みよし市の小山市長(左)に目録を贈呈する善都財団の都筑代表理事。

愛知県、岐阜県にチェーン展開する㈱善都(愛知県豊田市)が支援する一般財団法人善都財団(都筑善惠代表理事)は10月3日、新規事業「子育て見守り訪問」を始めたみよし市に20万円を寄付した。

子育て見守り訪問は、保育士らが生後10ヵ月~1歳未満の乳児がいる家庭を訪問。進呈品や1万円分のこども商品券(助成券)を贈ることで、経済的支援を図りながら、保護者の養育に関する相談などに対応する事業。

善都財団の都筑善惠代表理事は、「細かなケアが行き届きにくい新生児を持つ保護者の苦労を見守って、支援する挑戦に微力ながら賛同した」と寄付に至った経緯をコメント。

みよし市の小山祐市長は、「子どもの将来は市民の将来でもある。母子を見守り、子どもの笑顔のために寄付金を活用したい」と謝辞を述べた。

善都財団は、「善都子ども財団」として子ども食堂の支援を主軸に2019年4月に設立。当初、豊田市内に限定した活動を続けてきたが、今年5月、活動範囲を市外にも拡げ、支援対象も高齢者や障がい者、地域福祉、文化振興に拡大して「善都財団」に改称した。

-業界ニュース, 社会貢献
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5