警察庁生活安全局長に山本氏、保安課長に松下氏が就任

投稿日:

警察庁は8月30日付で、山本仁警視庁副総監を警察庁生活安全局長、松下和彦警察庁長官官房会計課会計企画官兼理事官を保安課長とする人事を発令した。

山本氏は東京大学経済学部卒。1988年警察庁入庁。警視庁交通部長、内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付(内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局セキュリティ推進統括官))、警察庁長官官房総括審議官兼交通局付兼警備局付、神奈川県警察本部長等を経て、令和4年1月警視庁副総監。東京都出身。57歳。

松下氏は東京大学法学部卒。2000年警察庁入庁。同庁外事課、警備課理事官、警視庁組織犯罪対策第四課長、警察庁長官官房企画官兼企画課理事官、長官官房企画官兼総務課理事官、刑事企画課刑事指導室長等を経て、2022年3月長官官房会計課会計企画官兼理事官。東京都出身。45歳。

なお、前任の小堀龍一郎氏は警察庁長官官房企画課長に異動した。

-業界ニュース
-

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5