【コラム】初代新鬼ここに完全復活!『パチスロ 新鬼武者2』の販促ポイント

投稿日:

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

「受け継がれし蒼き魂」初代新鬼ここに完全復活!『パチスロ 新鬼武者2』を安定運用するには販促をどうしたら良いのか? ポイントは「伝統継承+進化の解説」にあります。

同機は5号機「新鬼武者」の正統後継機として、登場キャラクターほか、百鬼モードをはじめとした懐かしい演出を多数搭載。また「蒼剣RUSH」が、打感そのままで復活しているという点も高く評価されています。また初代の継承として、もうひとつ注目したいのが「上乗せ」。大量上乗せを示す演出の「桜玉」も搭載しており、MAX600Gの上乗せは非常に期待が持てるポイントであります。

5号機で大ヒットした新鬼武者の良さが受け継がれている上、同機は「進化」の要素も多数搭載している点も魅力的です。MAX89%継続を誇るAT「蒼剣RUSH」と、MAX80%継続の「蒼剣BONUS」がWループすることで出⽟も覚醒する「蒼剣Wループシステム」は、2400枚オーバーへの期待感が非常に高く、現規制下においても進化した「出玉力」をユーザーに訴求することができる機種であるといえます。

このほか、初代の無駄引きであったバトル中のレア役は書換抽選が行われるなど、ゲーム性も随所で改良が加えられ、より楽しめるように進化しました。伝統の継承と新要素の搭載によって、当時の打感を思い出しながらも、斬新なゲーム性が楽しめる同機は、幅広いユーザーへのアプローチが見込めることでしょう。

では、同機を安定的に運用するにはどのような販促を実施すれば良いのか? 今回は「伝統継承+進化の解説」という観点からの販促事例をご紹介させて頂きます。

・販促ポイント

①「蒼剣Wループシステム」の販促事例
まずは何と言っても、同機最大のセールスポイントである「蒼剣Wループシステム」で期待感を醸成することが重要な販促ポイントとなります。

2400枚以上の出玉獲得が容易に実現できることをユーザーに連想してもらい、6.5号機だから実現できた「進化した出玉力」をユーザーに伝えることが重要となります。「AT継続率89%の蒼剣RUSH」と「ボーナス継続率80%の蒼剣BONUS」がループすることがイメージできるイラストの販促物を設置することを推奨します。

販促事例①最大のセールスポイント「蒼剣Wループシステム」で期待感を醸成。

②『初代新鬼ここに完全復活』の販促事例
MAX89%継続を誇るAT『蒼剣RUSH』を搭載していることや、大量上乗せが健在であることなど、初代の良かった要素を継承している点をしっかりと訴求しましょう。

直乗せ、玉乗せ、演出・楽曲、ボーナス、ループの随所に進化が加えられながらも、初代の伝統継承していることをユーザーに伝えることが重要となります。特に、出玉の大量獲得契機が多数ある究極のバランス型AT「蒼剣RUSH」が復活していることは、最もユーザーに伝えたいところであります。

販促事例②初代の良い点を改めて訴求。

◆プロフィール
梶川弘徳(かじかわ ひろのり)
株式会社CFY代表取締役
パチンコホール企業で営業部長として営業戦略や組織マネジメントの責任者として活躍し、2009年33歳で㈱CFYを設立して現在に至る。座右の銘は会社名の由来でもある「Crazy For You(あなたのために)」
●株式会社シー・エフ・ワイ
URL:https://amuse.cfy.jp/
Mail:info@cfy.jp

-コラム
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5