『パチスロ バイオハザード RE:2』が今秋登場!初当たりはボーナス+ATでスタート

投稿日:

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ユニバーサルエンターテインメントは7月25日、新台『パチスロ バイオハザード RE:2』(アデリオン製)を発表。ホールへの導入開始は10月を予定している。

同機は、全世界での出荷が1,000万本を突破するなど人気の高いゲーム「バイオハザード RE:2」がモチーフ。カプコンとの業務提携第4弾となり、稼働貢献が77週(継続中)と長期に渡り人気を維持する『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』に続く、パチスロバイオハザードシリーズ最新作となる。

純増1.0枚/GのAT「ハザードラッシュ」、純増約4.5枚/Gの疑似ボーナスのループでメダルを獲得する同機。初当たり=ボーナス+ATとなり、ATの初期ゲーム数は40G+αとなっている。また、AT中は「パンデミックチャンス」に注目。シリーズお馴染みのゲーム数上乗せや増殖に加え、今作は7揃いの増殖にも期待できる。

加えて同機は、「プレミアムハザードラッシュ」を搭載。突入時は、ATとボーナスのループ率が80%オーバーとなり、タイラントとのバトルが続く限り継続する仕組みだ。

ゲームフローは、通常時からCZ「G BATTLE」を経由してAT(ボーナス+AT)というのが基本的な流れ。CZ「G BATTLE」は、Gシリーズ撃破でAT確定となり、Gシリーズの形態や武器の有無が勝負のカギとなる。期待度は36%オーバーだ。

また通常時に、タイラントが登場すると大チャンス。「タイラントバトル」が発生し、撃破することで「プレミアムハザードラッシュ」確定となっている。

 

-新台
-, , ,