これ以上ない「究極のパチンコ・パチスロ用台間ボード」はこれだ!
『トリプル&ハーフボード(SHORTタイプ)』

投稿日:

「ホールの業務効率」と「遊技客の快適性」を限界まで追求──

「台間」に特化したパチンコホール用設備機器の分野でヒット作を次々に生み出している㈱ゼウス(東京都墨田区)。新たに「究極の台間ボード」と呼ぶにふさわしい『トリプル&ハーフボード(SHORTタイプ)』に大きく注目したい。

パチンコホールの感染対策として、もはや「基本中の基本の設備」となった台間ボード。ゼウスは、長年にわたって台間ボードを手掛けてきたノウハウをもとに、コロナ禍以降も数々の台間ボードをリリースしてきた。

「究極の台間ボード」推しポイント

その数あるラインナップのなかでも「ニューノーマル時代の究極ボード」と呼ぶにふさわしいのが、台間収納型の『トリプル&ハーフボード(SHORTタイプ)』だ。「究極」と呼べる理由として、以下3つの推しポイントが挙げられる。

①台間ボード収納時の出幅は 「わずか30㎜」を実現
台間ボードの課題として指摘されていたのが、台の開閉時や入替作業時にボードに干渉し、作業のジャマになったり傷つけてしまう可能性があることだった。同製品では収納時のボードの出幅を「わずか30㎜」とし、そうした不安の解消を実現した。

②三段式(トリプル)で出幅 最大「515㎜」を実現
飛沫対策として望ましいボードの出幅は一般的に500㎜といわれるなか、三段式によって「最大515㎜」を確保。簡易的ではない、適正な感染対策を実行できる。

③ボードの下部をカットした ハーフ仕様
①の課題と並び台間ボードのもうひとつの課題だったのが、台間幅の狭いホールなどで遊技客が離着席をする際、体が当たってしまったり肘置きが干渉してしまうことだった。同製品はボード高の下部をカットして縮めたことで、離着席時の不便さを解消する。

ボード高を縮めたことでイスの肘置き等が干渉しない構造を実現している。

USB・POP収納+オリジナル仕様も

このほか、標準仕様としてスマホ・加熱式タバコの充電に最適な急速充電3・0A対応の「USBチャージャー」と、「POP収納スペース」を搭載しているのも魅力。さらに、国内の自社工場で生産しているゼウスならではの強みとして、必要に応じて「ドリンクホルダー」などを追加したり、一部サイズの変更に対応できるのも見逃せないポイントだ。

なお、同製品はすでに全国の稼働トップクラスのホールを含めて多数の導入実績があり、「ホールの業務効率」と「遊技客の快適性」を大幅アップする効果は折り紙付き。「勝ち残る差別化戦略」としてぜひ導入をすべきだろう。

遊技客の快適性を向上させる「POP収納スペース」「USBチャージャー」。

◆問い合わせ先
㈱ゼウス
Tel.03-5625-0510
https://www.zeus-net.co.jp/

-業界ニュース
-, ,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5