【10/4新台】ファンキージャグラー2/前作比でボーナス確率アップ!ド派手な告知も見どころ

投稿日:

©KITA DENSHI

パチスロ新台『ファンキージャグラー2』(北電子製)のホール導入が10月4日から始まった。

6号機ジャグラー第2弾となる同機は、2016年に導入された『ファンキージャグラー』の正当後継機となる。スペック面では、前作に比べボーナス確率がアップ。前作がボーナス合成確率1/171.1~1/126.0(設定1~6)に対し、今作では1/165.9~1/119.6(同)と遊びやすくなった。出玉率は97.0%~109.0%で、前作と同等だ。

ボーナスは平均獲得枚数が約240枚のBB、約96枚のRBの2種類を搭載。告知タイミングは1/4が先告知、3/4が後告知となっている。

また、シリーズ機の中でも一際ド派手な告知演出も特長で、同機では「テンパイレッツゴー」や「ガコバズーカ」といった、さらに派手さを増した告知演出を多数追加した。

スペックは以下の通り。

設定 BB確率 RB確率 合成確率 出玉率
1 1/266.4 1/439.8 1/165.9 97.0%
2 1/259.0 1/407.1 1/158.3 98.5%
3 1/256.0 1/366.1 1/150.7 99.8%
4 1/249.2 1/322.8 1/140.6 102.0%
5 1/240.1 1/299.3 1/133.2 104.3%
6 1/219.9 1/262.1 1/119.6 109.0%

-新台
-,

© 2021 グリーンべると