大阪市のパチンコ店『フリーダム』でワクチン接種、「面白い試み」と接種者は評価

投稿日:

大阪市北区のパチンコ店『フリーダム天六店』(株式会社アバンス経営)で9月13、14日の2日間、新型コロナウイルスワクチン職域接種の1回目接種が行われた。同社従業員のほか、関連企業や飲食店組合、地元商店街の関係者、近隣の住民ら1,500人が対象となった。接種にあたっては1日に30人の医師・看護師・薬剤師が従事した。

会場となった店内では、遊技台の島をそのまま活用し、接種希望の来場者は1台おきに着席。医師や看護師が島通路を移動しながら順番に予診と接種を行った。接種後は着席したまま15分ほど待機。台上の呼出ランプのタイマー機能をセットし、体調に変化があれば呼出ボタンで知らせるようにした。遊技イスは回転できるため、注射を打つ際に来場者は座ったままで体の向きを変えやすく、左右どちらの腕でもスムーズに接種できていた。

店内の遊技台は電源がつけられていたが演出等の音は消され、店内はいつもとは違った静かな雰囲気だった。

パチンコ店を職域接種の会場にしたのは同店が初めて。珍しい取り組みに多くのマスコミが取材に訪れるなど注目を集めた。

同社・平川順基代表は、「ビジネスでは営利も大切だが、地域のなかでどうあるべきか、どう活動すべきかを考えることもすごく大事。地域に必要とされる存在であることが重要だと思っている」と述べ、今回の取り組みも社会活動の一環と位置付けている。

9月14日に接種を受けた大阪市旭区の女性(30代)は、「パチンコ店で接種ができると聞いたときは嘘かと思った。一般の接種予約ができない状況だったので、打ててよかった。入店から退店まで流れがとてもスムーズですぐに終わった」と、接種ができたことに安堵の表情をみせた。

大阪市北区の20代の男性は、「たまにこのお店に通っているので、店内の案内でワクチン接種のことを知った。面白い取り組みでいいと思う」と評価。

大阪市旭区から訪れた20代の姉妹は、「パチンコはしたことないが、キラキラした台の前で注射を打っているのが不思議で、面白かった」と感想を述べていた。

近隣に住むという50代の男性は、「まさか『大工の源さん』の前で注射を打つとは…。面白い試み。よく考えたね」と、よく遊技する台の前での接種に笑顔を見せていた。

同店での職域接種の2回目は、10月12日と13日に行われる。

ワクチン接種前に予診を行う医師・看護師。接種希望者はイスに着席したままで対応した。

接種後は、遊技台の上にある呼び出ランプで15分計りるなど、店内の設備を活用。

遊技台のガラス面には「接種前のお願い」を分かりやすく掲示。

大阪市北区の天神橋筋商店街近くにある「フリーダム天六店」。接種当日は店休となった。

-注目トピック, 社会貢献
-

© 2021 グリーンべると