玉屋、ワクチン職域接種を8月30日から開始

投稿日:

福岡県、佐賀県にパチンコホール16店舗を展開する玉屋(山喜多映一代表取締役)は8月23日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を8月30日から開始すると発表した。

対象者は同社と関連会社の従業員およびその同居家族のほか、本社(福岡市中央区)周辺の飲食店関係者、取引先企業で、約1,000人の接種を予定している。当初は7月下旬からの実施を予定していたが、ワクチン供給の遅れにより8月末からの実施となった。

今回のワクチン接種は、医療法人社団誠仁会 夫婦石病院(福岡市南区)の協力により実現。中小企業にとってワクチンの打ち手の確保が課題となるなか、ワクチン接種で地域医療に貢献したいという同病院の考えなどにより、職域接種の実施に協力する運びとなった。

玉屋では今回の職域接種の実施により、従業員の感染予防と地域の安全対策、来店客に安心して楽しんでもらえる環境づくりに繋げるとともに、今後も感染拡大防止対策の継続で、新型コロナウイルスの感染防止に努めていくという。

職域接種の概要は以下の通り。
・実施期間 8月30日~9月10日、9月27日~10月8日
※平日18~20時を予定
・場所 玉屋本社ビル
・接種予定人数 約1,000人(1日あたり約100名を想定)
・使用ワクチン モデルナ社

-業界ニュース
-,

© 2021 グリーンべると