岐阜県遊協が第60期総会、役員補充などを決議

投稿日:

岐阜県遊協は5月27日、岐阜市内の岐阜グランドホテルで、マスク着用、検温、手指消毒といった新型コロナウイルス感染防止対策を講じたうえで第60期通常総会を開催し、役員補充選任の件など、上程された8つの議案全てが拍手によって承認された。

大野春光前理事長の辞任に伴い、今年2月に新たな理事長に就任した金光淳用理事長は冒頭の挨拶で、旧規則機の撤去問題に触れながら、「一部で組合の申し合わせに違反するところもあったが、岐阜は営業者や行政、自治体、ファンの結びつきが強い安定したマーケット。共通の価値観やマナーを大切にして、パチンコが世の中に必要だと思われる存在になれるように歩みを前に進めていきたい」と抱負を語った。

行政からは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、岐阜県警察本部の佐名康太生活安全部長が祝辞を書面で寄せ、さらなる営業の健全化を要請するなどした。また恒例となっている行政講話も、今年は同生活安全総務課の三輪哲久課長補佐が書面で伝達。店舗における防犯対策の強化に加え、旧規則機の確実な撤去、依存対策への対応、広告宣伝の適正化が呼びかけられるなどした。

大野前理事長に感謝状と花束が贈呈された

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると