大阪、兵庫、宮城に「まん延防止措置」適用、各県遊協も感染対策徹底呼びかけ

投稿日:

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、大阪、兵庫、宮城の各府県が4月5日に「まん延防止等重点措置」の適用自治体になったことを受け、兵庫、宮城の両県遊協では、対象となったエリアで営業するパチンコホールに対し、さらなる感染拡大防止対策の徹底や、20時以降のネオン等照明消灯などの協力を求めた。

このうち、神戸、西宮、尼崎、芦屋の4市が対象地域となった兵庫県では、店舗が存在しない芦屋市を除く、3市で営業するホールに対して、兵庫県遊協が理事長名で通達を発出。4月5日から5月5日までの1ヵ月間、引き続き感染拡大防止対策を徹底することや、過度な広告宣伝の自粛、防犯上支障のない範囲での20時以降ネオン消灯などを呼びかけた。

一方、仙台市内のパチンコホールに対し20時までの時短営業協力が求められた宮城県では、宮城県遊協が4月5日から5月5日までの1ヵ月間、県内全域の組合員ホールに対し、「パチンコ・パチスロ店営業における新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン」の徹底の継続、不要不急の外出の自粛、飲食時における感染症防止の徹底をお願いした。

また仙台市内の組合員ホールに対しては、時短営業への協力は個社対応とし、組合からは20時以降のネオン等照明消灯の協力を求めている。

    -業界ニュース
    -

    © 2021 グリーンべると