ホール4団体、愛知・岐阜の「沖ドキ」未撤去に深い憂慮

投稿日:

ホール4団体誓約書確認機関は、3月29日までに全国遊技機組合連合会(全機連)に通知したパチンコ・パチスロ産業21世紀会決議が定める旧規則機の期限内の未撤去ホール257店舗のうち、81店舗において当該機の完全撤去が確認されたことを全機連に改めて通知したと発表した。

完全撤去が確認された81店舗の都道府県別の内訳は次の通り。
茨城県36店舗
栃木県13店舗
北海道8店舗
愛知県7店舗
千葉県3店舗
埼玉県3店舗
岐阜県3店舗
福島県2店舗
三重県2店舗
群馬県1店舗
大阪府1店舗
兵庫県1店舗
熊本県1店舗

また、3月24日に開催されたホール4団体会議では、通報・確認システムによる愛知県・岐阜県の「沖ドキ!LL」、「沖ドキ!LL-30」の2機種の通報設置台数が3,395台(1店舗平均38.1台)に上り、非常に大きな割合を占めている一方、両県での撤去が遅々として進まない状況に深い憂慮が示されたという。

-業界ニュース, 注目トピック
-, ,

© 2021 グリーンべると