グローバルアミューズメントが第4回美観優秀店舗を決定

投稿日:

機械評価や市場分析に特化したコンサルタント事業を行うグローバルアミューズメント(青山真将樹代表取締役)は12月11日、会員企業の系列店を対象とした「ガサツチェックコンテスト全国大会2020」の「店舗美観優秀店」を発表した。

同コンテストは店舗の美観を高め、顧客に快適に過ごしてもらえる環境をつくれているかを評価するもの。今回は4回目で、従来の「ガサツポイント(ストレス点)」に加えて、新たに「感染症対策」も審査対象とした。

「ガサツチェック審査基準」は「駐車場入口」「ホール」「台周り」「スタッフ」「告知掲示物」「景品・休憩所」「喫煙所」「トイレ」「マナー」などを減点方式で審査。「感染症対策審査基準」は「感染症対策 基本12項目」「安心・安全 スペシャル項目」を加点方式で審査。

エントリー店舗数は142店舗で、審査期間は2020年8月19日~11月20日。100点満点で全国平均点は75.2点だった。

得点が特に高かった「最優秀ダイヤモンド店」は「コンサートホール上木戸店」(新潟県)、「コンサートホール成増パチンコ館」(東京都)、「SLOT ROCKY今治店」(愛媛県)、「チャレンジャー野田店」(千葉県)、「BIG ROCKY北久米店」(愛媛県)、「チャレンジャー流山店」(千葉県)、「コンサートホール八戸店」(青森県)、「メッセ西葛西店」(東京都)の8店舗。

そのほか、参加法人のなかで特に平均点が高かったホール企業に贈られる「法人賞」はメッセ(本社・東京都)とロッキー産業(本社・愛媛県西条市)が受賞。「金賞店(優秀賞)」は8店舗、「グッド店」は18店舗、「感染対策奨励賞」は1店舗、「奨励賞」は16店舗だった。

全国上位店は「店舗美観優秀店」として表彰し、カウンター用表彰盾と優秀店であることを示す店頭掲示用ポスターを進呈する。表彰式は2021年1月中旬頃に開催する予定。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると