岡山県遊協、研修会で新型コロナ感染防止対策を学ぶ

投稿日:

岡山県遊技業協同組合は12月7日、岡山市の山陽新聞社「さん太ホール」で秋季セミナーを開催し、経営者、店長、管理職など76人が受講した。セミナーでは千原行喜理事長の挨拶に続いて岡山県警生活安全企画課の草壁毅課長補佐による「ぱちんこ業界当面の諸問題」と題した行政講話、新型コロナウイルスの消毒・感染作業に携わるラスティックの延原直樹社長による新型コロナ感染防止対策についての講演などが行われた。

ラスティックは今年2月に横浜港に接岸して多数の新型コロナ感染者を出したダイヤモンド・プリンセス号船内における消毒作業、除菌作業に従事した。延原社長は船内の当時の状況などを説明しつつ、実際にパチンコ台を使用して消毒、除菌方法を解説。受講者に対する直接の実技指導も行った。

岡山県遊協では「受講者4人が自ら壇上に上がり、実際にパチンコ台の除菌作業を体験するなど、その積極性には現場の関心の高さがうかがえた」と評価。「今回の講義を受け、岡山県遊協組合員一同は、引き続き新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底して行い、お客様、地域の皆様への安心と安全を全力で提供していく」としている。

そのほか、セミナーでは、ぱちんこ広告協議会の大島克俊理事長が同協議会の取組みについて、ダイコク電機情報システム事業部MIRAIGATE-SIS統括部MGコンサルタント課の服部祐治氏が「New Normal DKビッグデータが導く未来への道筋」と題して講演した。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると