ミリオンゴッド凱旋、都内も撤去、一部で「強行営業」のホールも

更新日:

11月16日の閉店後、『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』を撤去する東京都内のホール。

11月16日を以て、東京都内のパチンコホールが、高射幸性パチスロ機『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』(※以下『凱旋』)の撤去期限を迎えた。全国的にも半数以上の地域のホールが、既に同機を撤去している。今後は残った旧規則機と6号機での営業が強いられる。

2014年の秋に登場して以降、長らくホール営業を支えた『凱旋』が姿を消す。特に『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』『アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐ 』撤去後のここ1年、残存する旧規則パチスロ機の象徴的な存在が『凱旋』だった。

これまで『凱旋』21台を設置し、営業していた都内ホール店長は「稼働の地盤を支えてくれた機種。撤去が近づくにつれて、お客様から“いつまで打てるのか?”という問い合わせも多数あり、多くのパチスロファンを楽しませてくれた機種だった」と回顧。『凱旋』撤去後は、同店のパチスロコーナーの母体を支えるジャグラーシリーズを増台し、『凱旋』が設置されていたメイン動線には『マイジャグラーIV』を設置した。

『凱旋』亡き後のパチスロ営業はどうなるのか。あるコンサルタントは「『押忍!番長3』もしくは『ジャグラー系』を主力機として考えるホールが多いのでは」と予測する。

ただし同氏は、これらの機種と『凱旋』では、決定的に異なる点があると指摘する。「『番長3』や『ジャグラー系』は高設定に期待して遊技する人が多い。つまり『番長3』や『ジャグラー系』で集客を図るには、『凱旋』以上に、高設定を投入できるかがポイントとなる。強い店と弱い店、あるいは信用のある店と信用のない店での格差が今まで以上に広がりやすい」。

現行機種において稼働、売上、粗利の面において、『凱旋』に匹敵する機種は存在しない。そのため、別のコンサルタントは「『凱旋』の穴埋めは1機種では不可能だ。上述した2機種や、今年の数少ない6号機のヒット機種である『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』あたりで、集客を死守する必要がある」と話す。

同コンサルタントは、大事なポイントとして「各ホールは来店客に対し、『次はこの機種でがんばります』と意思表示を明確に示しておくこと」を挙げた。「来店客の目的意識をしっかりと作ってあげることが狙いです。つまり主力機のバトンタッチをする準備が必要」。

先述の都内ホール店長は、今後の営業方針について「『ジャグラー』シリーズ、『番長3』、『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』が稼働の主体となってくると思う。しかし、6号機でも『バジリスク絆2』や『モンキーターン4』など自力要素が豊富にある機種や、4号機時代を彷彿とさせる『吉宗3』も魅力ある機種だと思う。これらの機種にいかに価値を創造できるかがポイントと考えている」と話した。

来年早々には、低ベース機の登場が予定されているなど、暗い話題ばかりではない。しかし、多くのホールにとって、我慢の展開が続くパチスロ営業となりそうだ。

『凱旋』設置強行のホールも・・・

『凱旋』の撤去に関しては、もう一つ、見逃せない問題がある。撤去期限を迎えた地域において、ごく一部のホールが同機の設置を続けていることだ。実際、東京都内においても、撤去期限後も『凱旋』を外さずに営業を続けるホールが存在している。

「数少ないとは思いますが、全国的に見て、『凱旋』の営業を続けているホールが幾つかあります。怖いのは、その競合店の動向です。客が奪われるなど悪い影響が続けば、さすがに競合店も黙っていないはず。そうなると、なし崩し的に業界の秩序が崩壊する可能性があります」(ホール関係者)。

2021年1月11日には、『沖ドキ!』を筆頭に、旧規則機の幾つかが撤去期限を迎える。問題の拡大は避けたいところだ。

-業界ニュース, 注目トピック
-

© 2020 グリーンべると