“凱旋”ユーザーの今後のメイン機種予測、最多は“韋駄天”に

投稿日:

シーズリサーチはこのほど、全国のパチンコ店を対象に旧規則機を撤去した後の自店舗の設置台数や、「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」の撤去後、同機を遊技していた人のメイン機種について調査。その結果を公表した。

旧規則機を撤去した後の総設置台数の増減予定については、「現状維持」が最も高く85%、「減台」と回答した割合は約15%となった(増台と回答したのは0.4%)。

パチンコ、パチスロ別に見た場合、パチンコは「増台」が約8%、「減台」が約6%となり、パチスロは「増台」が0%、「減台」が約20%となった。パチンコは増台の傾向が見られ、パチスロは減台の傾向が見られる結果となっている。

「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」撤去後、同機を遊技していた人のメイン機種の予測について、最も多くの回答を集めたのは「P大工の源さん超韋駄天」、以下「パチンコCR真・北斗無双」「押忍!番長」と続いた。

これらの結果を受け同社では、「『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』を打っている層は『パチスロもパチンコも打つ』人が多くパチンコとの親和性は高いが、実際にパチンコへ流動するからは、今のところ予測が難しい。撤去日が迫るなか、コロナ禍の影響もあり例年より稼働の低下が見込まれるが、自店の状況を見ながら、機種の入替を検討するなどフレキシブルな対応が求められるだろう」とまとめた。

-業界ニュース
-

© 2020 グリーンべると