純増8.7枚のハイスペックAT機/パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド ゴールド

更新日:

©佐藤大輔・佐藤ショウジ/KADOKAWA/H.O.T.D.製作委員会
©SEVENLEAGUE ©YAMASA

山佐はこのほど、新台『パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド ゴールド』を発表。パチンコホールへの納品開始は11月上旬を予定している。

同機は“新H.O.T.D.”の名に恥じない純増約8.7枚のハイスペックが特長だ。AT「オールデッズアタック」は初期ゲーム数(40~300ゲーム)を決める「毒島GOLDEN濡れるーれっとッ!」からスタート。ルーレット中は“H.O.T.D.図柄”揃いのチャンスでもあり、揃えば100ゲーム以上の初期ゲーム数濃厚となる。

初期ゲーム数が決定した後のATでは、基本モードとなる「激闘フェスティバルモード」のほか、「ビキニパラダイスモード」(20ゲーム1セット&最低3セット継続)、「H.O.T.D.モード」(突入時点で完走濃厚)が存在。AT中のステージアップ発生で、上乗せ期待数もアップする。

また消化中に赤7が揃えば上乗せ特化ゾーン「毒島乱数」に突入。「毒島乱数」は1~256ゲームの均等振り分けでゲーム数を上乗せ。突入時点でAT完走の期待度は85%以上だ。

通常時は「奴ら玉」をストックして「黙示録CHANCE」を目指す。「奴ら玉」は全役で獲得の抽選をしているほか、「奴ら玉」ストックの高確率区間「奴らゾーン」が獲得チャンスとなっている。そして、「黙示録CHANCE」は、15ゲーム間の準備区間と、バトルパートで構成され、バトルパートで“奴ら”を倒せばAT確定だ。

-新台
-,

© 2020 グリーンべると