【コラム】男性にも知ってほしい、女性の美容トラブル〜fromユキペディア

投稿日:

【永澤有希のユキペディア】
本誌「間違いだらけの女性活用」連載中、永澤有希氏の新連載がwebでスタート!組織人事コンサルタントとして「人がすぐ辞める企業を、優秀で強い組織に激変」させるなど多数の実績を持ち、予防医学指導士・メイクアーティストなどの資格も保持し「ホールスタッフを輝かせる事が私の使命」と語る永澤氏が縦横無尽に切り込みます!

こんにちは、ミチスケジャパン永澤有希です。

前回は「バストアップと女心と美容トラブル」というタイトルで、某ホールの美人役職さんが「胸が大きくなりたい」という切実な悩みを送って下さり、そこから「豆乳を飲んだら胸が張って痛くてたまらなかった(豆乳には女性ホルモン似のイソフラボンが含まれるため)」、「しかし豆乳を飲みすぎで大豆アレルギーになった」というお話などを展開致しました。

そして「次回は本件の本題「情報弱者を狙う美容トラブル」についてお書き致しますね」、とお伝えしておりました。

──あれから一ヶ月以上経って「いつ次のユキペディアが読めるの!?」という連絡をたくさん頂いていたのですが、実は愛用のMacBook のキーボードが、こんな状態になってしまい…

以前も書きました通り、無類のエタノール好きのわたくし。YouTubeの動画を頼りに「ノートパソコンのキートップを外して掃除する」というのをやってみたのです。愛用しているMacBookAirのキートップを一つ一つ外し、綿棒に無水エタノールを付けて掃除しまくる、という行為を。

そうしましたら見事に、きちんと「はまらない」キートップが1個、2個、3個…。

特に困ったのが「i」と「。」のキーです。
失くなって分かったのですが、文章を打っているときって、特に「i」の出番が半端ない!キートップがなくてもキーを打てないわけじゃないのですが、めちゃくちゃ打ちにくいのです(指を一本怪我して分かる、日頃の有り難みと同じですね)。

それで意気消沈し、長文のユキペディアが書けなくなっておりました。

ちなみに新しいMacBook Airは、容量を1TBにアップしてオーダーしたので、入荷待ちです。本当はもう届いてるはずなんですが税関検査の都合かなにかで遅れている模様。クロネコヤマトの荷物問い合わせを見たら、深セン支店(中国)は出発しているようです。ほお、中国からやってくるのですね(知らなかった)。

そんなこんなで
「新しいMacBookAirが来たら(もしくは今使っているMacBookAirのキートップ修理が終わったら)、次のユキペディアを書こう」
なんて考えていたのですが、そう思ってるこの一ヶ月の間に、またまた新手の「超悪徳!美容ビジネス」が出てきちゃったので、「これはすぐお伝えせねば!」と、打ちにくいキーボードでひぃひぃしながら書くことに致しました。

超悪徳!美容ビジネスの闇

はい、では今回のユキペディアは前回の予告通り、女性の「綺麗になりたい」という純粋な女心につけこむ「悪徳美容ビジネス」についてお伝えします!

「すぐお伝えせねば!」と思った事案とは…Yahooニュースでも取り上げていたのでご存知の方もいるかも知れませんが、ある女性タレントが
「美容整形を受けて豊胸手術していたのに、その事実を隠し、『私は美容整形ナシで、サプリメントや専用ブラジャーでAカップからFカップにバストアップしました!』と虚偽の広告を出し、荒稼ぎしていた」
というものです。

美容ビジネスは昔から悪徳が多く、「脱毛サロンが有名タレントを使ってバンバン広告をうち、さんざん客を集めてローンを組ませ、あっという間に計画倒産した」ぐらいの話では驚かないのですが、この豊胸女性タレントの一件は、近年まれに見る「超悪質」な詐欺事案だと感じました。

そのタレントさんとは「てんちむ」という愛称で呼ばれる橋本甜歌(はしもと てんか)さんという方で、NHK教育テレビに出演するなど子役時代から活躍されていました。出生は北京とのことですが、育った場所が私の地元の隣の市なので、お名前だけは、昔からなんとなく存じておりました。

てんちむさんの現在の活動の場はYouTubeで、そこで盛んに
「このサプリメントでバストが大きくなった」
「このブラジャーをつけると更に効率よく、こんなに胸が大きくなるよ!」

と宣伝し、ご自身の豊満なバストを武器に、「もっと綺麗になりたい」という、純粋な女心につけ込んだワケです。

ご自分は、美容整形でバストに何らかの異物を入れておきながら(AカップからFカップにするには、片胸400cc前後の注入が必要です)、「自分は美容整形なんか受けてません!」と言うなんて、悪質すぎる!ドイヒー!としか、言いようがありません。

しかも、てんちむさん、YouTubeの動画では、バストにLEDライトをあてて「ほら、LEDを当てても光らないでしょ!だから私のバストはノン整形」といって、何も異物が確認できないという「実演」までしていたのだとか。

豊胸したらLEDで光る?
それって、昔の都市伝説でよくあった「鼻にプロテーゼを入れるとブラックライトで光る」のと同じ原理?
と思ってしまうのですが…

嘘に嘘の上塗りをしてまで、バストに悩みを抱える女性たちを食い物にしていたなんて、同じ女性として絶対に絶対に、許せない行為です。女性の味方をするフリをして女性を食い物にしている女性は、結構な数でうようよと存在しますが、これも「悪質トップレベル」の案件ですね。

そのサプリメントちょっとまってください

ではもう一度、某ホール企業の女性役職さんから頂いたお声をご紹介いたしますよ。

この美人役職さまは、以前わたくしのメイク研修を受けて以来「美しく整えることの大切さ」に目覚め、元々美しい女性でしたが、どんどん美に磨きが掛けられたのです。キレイになったら、もっともっと上を目指したいと思う…それは、とっても素敵な向上心です。そして、バストアップのご相談を、私にして下さったのでした。

そんな中で、私が「これはマズイな」と感じたのは、「サプリメントも飲んでますが、一向に気配なし…」の一文です。

このLINEを頂いた時、ちょうど私はある豊胸サプリメントの健康被害を調べていたところだったのです(てんちむさんのサプリメントとは無関係ですよ)。

その「健康被害」を調べていたサプリメントとは、「プエラリア」の名称で知られるもの。

プエラリアはマメ科の植物で、主な産地はタイやミャンマーです。プエラリアは、女性ホルモンに似たエストロゲン・イソフラボンが含まれているので、近年、バストアップ用のサプリメントで「プエラリア高濃度」などと謳うものが大量に出回っておりました。

しかし前回も書きましたように、私の知人は「豆乳を飲むと母乳がたくさん出るから」と勧められ、毎日2リットルほど飲んでいたら、大豆アレルギーになって大好きな納豆や豆腐などが食べられない身体になってしまったのです。このことからも分かるように、どんな食品でも過剰摂取は、健康被害を引き起こす可能性があります。

そして、バストアップ効果があると謳われたプエラリアも、やはり国民生活センターに多くの健康被害が寄せられておりました。

プエラリアの被害事例は主に、下記の3種類が報告されています

①消化器障害…嘔吐、腹痛、下痢など
②皮膚障害…発疹、じんましんなど
③女性特有の危害事例…月経が止まってしまった、生理でもないのに不正出血したなど

異常を感じて医師の診察を受けた方々は、「プエラリアを含む健康食品の摂取で、ホルモンバランスが崩れている」と診断され、「その健康食品の使用をやめるように」と医師から指導された、と言います。

そして厚生労働省も「特別の注意を必要とする成分等(厚生労働大臣が指定。「指定成分等」)を含む食品」として、プエラリアの摂取に注意喚起をしたのです。
https://www.mhlw.go.jp/topics/2020/01/dl/2_iyakuseikatu-syokuhin-01.pdf

実際に、国民生活センターに寄せられた、被害報告の一部です

①「モデルのブログを見て、バストアップやダイエットのサプリメントに興味を持ち、定期購入で契約したが、生理が2ヵ月も遅れてしまい、心配」

②「バストUPとスリムUPを同時にかなえるというサプリを定期購入したところ、全部飲み終わらないうちにバストに発疹が出てきた。医者の治療を受けたが、ホルモンが増え乳腺症が起きているので飲用を止めるよう指示された」

①の被害事例では、はっきりと「モデルのブログを見て」と書いてありますが、これも、てんちむさんの「豊胸詐欺」と被りますね。芸能人の誘導で魅力的な商品を手に入れるのは、女性がウキウキした毎日を送るスパイスとして良いことだと思いますが、それが健康被害に繋がっては、元も子もないのです。

女性をめぐる美容トラブルは、昔から絶えることがなく、私が知る限りでもここに書いたのは氷山の一角。

今回書きましたように、「美容トラブル」と一口に言っても、それは「健康被害」に繋がるほど、恐ろしいものなのです。

私は常々「従業員の健康は企業の宝」と思っておりますので(それなので、予防医学指導士の資格も取得いたしました)、今後も、美容トラブルについてはシリーズ的に書いていく所存です。

私が担当する研修では、従業員向けに「美容トラブルと健康被害」の話などもしております。なかなか知られにくく、騙されやすい案件こそ、きちんと正しい知識をお伝えしたいと思ってるからです。

それではまた、ユキペディアでお会いしましょう(次回こそ、新しいMacBookAirで書けるかな♪)。

◆著者プロフィール
永澤有希(ながさわ ゆき)
㈱ミチスケジャパン 研修講師・組織人事コンサルタント
コンサル企業、パチンコ企業を経て現職。経営者の気持ちもスタッフ心理も理解できる唯一のコンサルタント。厚労省推進PA選出など、採用教育、組織作り全般で成果を上げ、評価の厳しい創業者からも「永澤くんのお陰で組織が変わった、貢献度は大きい」の言葉を貰う。業界特有のハラス問題も精通しハラスメント防止研修も多数担当。現場経験から「業界に必要」と感じるものはジャンル問わず勉強を欠かさず、メイクアーティストや予防医学指導士、防火防災士などの資格取得。企業および遊技業協同組合等の講演も多数担当。
研修(接遇・管理者研修・新人研修・新店研修・女性活用・ハラスメント研修ほか)および講演の問合せはMail info@michisuke.com LINE: https://lin.ee/VZJ69ptu tel 03-3576-8159

-コラム
-,

© 2020 グリーンべると