16項目におよぶ今後のホールの在り方を提案、ダイコク電機Web展示会&セミナーが開幕(9/15まで)

投稿日:

ダイコク電機は9月1日から、同社初となるオンライン形式での「MIRAIGATE2020 Web展示会&セミナー」を開始した。これまでは全国主要都市のホテル会場等で実施してきたが、今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から完全Web開催となった。展示会とセミナーのWeb同時開催は業界初のこと。

展示会は、特設サイトに仮想パチンコホールが設けられ、店内各所の製品・サービスをクリックすることで詳細説明や映像を視聴できる仕組み。「パチンコ新解釈基準機の最適なデータ表示」「ファンに安心を提供する新型コロナ対策」「セルフカウンターの究極進化」「入場抽選の新しいカタチ」「業績UPにコミットするMarket-SIS」といった、独自の16項目にもおよぶ具体的な提案を行っている。

セミナーは「DKビッグデータが導く未来への道筋」をテーマに2部構成の内容。1部は主にパチンコ遊タイム機の効果的運用について、2部は主に高射幸性パチスロ機の受け皿づくりやパチンコの業績を上げるPPMサイクルの構築手法等について、DK-SIS室の講師陣が講演。初日の9月1日は1,000名近い業界関係者が受講した。

なお、主催者挨拶として同社・大上誠一郎社長は特設サイト上で、「新型コロナウイルスの影響は業界へのダメージも深刻で、過去、類を見ないものと感じる。そのなかで旧規則機の段階的撤去や東京オリンピック開催期間における入替自粛等、先の見えない状況が続く。しかしパチンコの新解釈基準機の登場といった明るい兆しも確かに存在している。今回の展示会&セミナーでは、これからの時代に必須となるホールの在り方を提案させいただきたい」などと述べている。

同展示会&セミナーは事前申込制だが、9月15日までの開催期間中はいつでも申込可能。以下のQRコードより申込ができる。

-業界ニュース
-, ,

© 2020 グリーンべると