【コラム】営業再開後、パチスロ営業が強くなったホールとは?

投稿日:

・稼働アッププロジェクト
今回は営業を再開したパチンコホールが、コロナ前の水準までパチスロの稼働を戻すためにはどのような営業をすべきなのかを実例を挙げて解説したいと思います。稼働が戻らないホールと戻っているホールの違いは何なのでしょうか。

コロナ営業から通常営業に向けて

新型コロナウイルスの影響によってパチスロ営業における稼働が大幅に落ちてしまったホールが多い中で、稼働の戻りが早いホールと、依然として戻らないホールがあります。その違いはどこにあるのでしょうか。

稼働の戻りが早いホールは高設定をしっかり使っているホールが多い印象です。「稼働が低いから出しても無駄」という声が多かったのも事実ですが、弊社の支援先をみてみると、営業再開後の早い段階から高設定をしっかり使っていたホールの方が圧倒的に稼働の戻りが早かったです。

特定日に集客して派手に還元するのではなく、平常日でも高設定がある事をアピールする設定配分が有効だったということです。このことから、特定日に出玉を集中するという考え方は間違っているとは思いませんが、やはり、平常日に来店する常連客層をいかに厚くするかが重要だという事が改めてわかりました。

特定日に出しすぎて平常日の出玉を削ることは悪手だと思います。「特定日は出る→平常日は出ない→特定日は出る→平常日は出ない」というサイクルを繰り返せば、「特定日だけ行けばいい」という思考になるのは自明の理です。

「特定日に出す」、「平常日は稼働が低いから出しても無駄」という考えは、冒頭のコロナの影響で「稼働が落ちた→出しても無駄」という姿勢に通じるものがあります。

しかし、稼働の低い日に来店してくれるユーザーこそが本来の常連客であり、自店にとっていいお客さんのはずです。そのユーザーに還元しないことで、常連客が減少し、ゆくゆくは競合店への流出につながります。こうした負のサイクルは避けなければいけません。

また、コロナ禍で落ちた粗利を無理やり取ろうとしていることで、稼働が戻らないホールも多いようです。しっかり出玉を見せているホールは「少しでもマシなホールはないか?」と考えるユーザーを取り込むことに成功し、シェアを大幅に上げることに成功したホールもあります。明らかに高設定が分かる機種にしっかり設定5や6を使ったホールが、中間設定を何となく使っていたホールよりも結果が出た例は多かったです。

具体的に設定をどう使ったか

それでは、営業再開後の弊社支援先ホールで、どのように高設定を使って、シェアを上げる事に成功したか実例を挙げます(以下エスサポートスロット研究所より抜粋)。

①営業再開1週目(5/18~、客数6割減)
設定狙いのユーザーは少なく、短時間遊技のユーザーメインだったので『マイジャグラー』を中心に高設定を投入。最低でも設定2、設定4を半々投入し、再開後の土曜日は全台設定4で運用。その他のジャグラーシリーズは、ベース設定1のまま設定5を少台数投入して「こんな状況でも高設定がある」事を伝えた。

②営業再開2週目(5/25~、客数4割減)
高設定狙いの客層が少し戻ってきていたため、『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』、『押忍!サラリーマン番長2』、『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』などに設定6を出来るだけ投入。設定6に気づき1台だけフル稼働し、他の台の稼働が伸びない状況も見られたが「こんな時でも6がある」事を伝えるため、気にせずに設定6を1台は使うという運用を続けた。ジャグラーシリーズは引き続き、『マイジャグラー』メインで高設定を投入。

③営業再開3週目(6/1、客数3割減)
少台数でも高設定を使っていたためか、競合他店と比べて稼働の戻りは早い。ジャグラーシリーズは引き続き『マイジャグラー』メインで高設定を投入。 AT機は設定6を使わない日も織り交ぜ、設定4を多数投入して客滞を延ばしたり、設定6を複数使用する日も設け、「設定6が1台だけ」というパターンの払拭に努めた。『サラリーマン番長2』は稼働が厳しく高設定の使用を中止した。

④営業再開4週目(6/8~、客数1割減)
6月も2週目に入り、稼働がほぼ回復したため、『マイジャグラー』のベース設定を少し下げ、『アイムジャグラー』に最低でも設定1、設定5半々の配分まで上げることで、翌週の年金支給に向けての助走期間に位置付けた。

『沖ドキ!』の大負け台なども翌日は設定5に上げ、常連客の負けのケアも行った。 AT機では高設定を使えば反応する『バジ絆2』『押忍!番長3』『まどマギ2』を中心に高設定を投入。

⑤営業再開5週目(6/15、客数100%以上)
年金支給日から、『アイムジャグラー』は3日間連続で全台に設定5を投入。一気に稼働を戻し、客数シェアもアップに成功。3日間はアイムジャグラーに設定を集中させたが、その後は他機種にも高設定を散らした。

この週の土曜日は稼働も見込め、利益も欲しいところだが、 AT機には設定6を単体で散らして「設定6がある」アピールだけは行っている。

営業再開以降、特定日が3度あったが、その3日間は無理に出しすぎず、平常日の高設定が使える余力を残した運用を心掛けた。旧イベント日の稼働は、目立つ全台設定6などを行えば、いつでも上げることが出来るので無理に出さずに今に至っている。

このホールはこうした戦略がはまりコロナ以前よりも状況が良くなりました。皆さんのホールはいかがだったでしょうか?高設定は稼働アップの最大の特効薬ですね。

◆著者プロフィール
三木 貴鎬
㈱エスサポート代表取締役
1972年生まれ。97年中央大学商学部卒業後、パチスロ専門店(神奈川県42台)にて勤務。01年〜06年グループ4店舗を統括部長として指揮、在職中より他店舗のコンサルティングにも携わる。この期間、全ての店舗で稼働平均15000枚を継続。07年に独立し、パチンコ・パチスロホール運営コンサルタントとしてエスサポートを設立。“ホールの知恵袋”として全国どこにでも出張中。社内外を問わず行うセミナーも好評。

-コラム
-,

© 2020 グリーンべると