パチンコ・パチスロ参加人口、前年から微増し1,021万人に

投稿日:

シーズはこのほど、エンビズ総研およびAPJと共同で実施した「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2020」における遊技参加人口の結果を発表した。年1回以上の遊技参加者は約1,021万人で、2019年調査の約1,016万人に比べ微増した。

前年に比べ微増した遊技参加人口だが、ピーク時の1998年(約2,842万人)に比べると1/3程度まで減少している。遊技別では、パチンコ参加人口は約894万人(前年は約912万人)、パチスロ参加人口は約718万人(同685万人)。年代別の参加率では、2013年以降からすべての年代において1割前後となっており、参加人口は2013年以降、概ね1,000万人前後の現状維持で推移している。

長期的に見て、遊技人口の減少幅が大きいのはパチンコだが、一方のパチスロは2000年前後に比べると、確かに減少しているものの、その幅は小さく、近年はむしろ微増傾向(2018年調査→約618万人、19年→約686万人、20年→約718万人)が見られる。

パチスロの参加人口が微増した要因について同社は、2019年3月に発売した大都技研の6号機「Re:ゼロから始める異世界生活」が若者の遊技につながったことや、旧規則機の打ち納め層が増加したことなどが考えられると分析した。

-業界ニュース
-,

© 2020 グリーンべると