善都、可児市と災害時協定を締結2019年9月12日(木)

災害時協定を締結した都筑善雄代表取締役社長(右)と、冨田成輝市長(左)。

 善都はこの度、地域貢献活動の一環として可児市との間に大規模災害時における支援協力に関する協定書を締結。9月11日に可児市役所の市長公室において締結式を執り行った。

 締結趣旨は「大規模災害発生時において、災害応急対策及び災害復旧対策が円滑に実施されるように株式会社善都が支援協力を行う」というもの。

 支援の内容は、①復旧用資材置場の提供、②災害廃棄物の一次保管場の提供、③可児市が善都に要請し善都が認めた用途の3項目。

 締結式には冨田成輝市長、田上元一総務部長、武藤務防災安全課長など市の代表者のほか、都筑善雄代表取締役社長、伊藤秋総務人事部長が出席した。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月16日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年10月号
    • 特集
      導入から1年 設定付パチンコ の展望
    • Report
      急がれる受動喫煙対策に「室内循環型」という選択肢
    • Report
      空中方式の新たな集合搬送が登場