依存防止対策調査実施のため定款の一部変更を決議2019年3月20日(水)

 一般社団法人遊技産業健全化推進機構は3月11日、都内で定例理事会及び臨時社員総会を開催した。

 定例理事会では「依存防止対策への取組み状況を確認する調査実施要綱の承認の件」が上程され、依存防止対策への取組み状況を確認する調査(依存防止対策調査)の事務手続き等をまとめた「依存防止対策への取組み状況を確認する調査実施要綱」を設置することを承認可決した。

 また、定例理事会では「助成団体の再認定の件」が上程され、申請のあった38団体についてすべてを助成団体として再認定することも承認可決された。

 定例理事会後に開催された臨時社員総会では、依存防止対策調査を実施するため、現行定款の見直しを審議、原案を一部修正して承認可決した。

 「依存防止対策への取組み状況を確認する調査実施要綱」ならび最新の定款は、準備が整い次第、機構ホームページで公開していくとしている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年8月26日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず