ニューギンが今年も前田慶次供養祭に参列

投稿日:

前田慶次の供養塔がある米沢市の堂森善光寺で408回忌供養祭が執り行われた。

 戦国武将・前田慶次の四百八回忌供養祭が6月4日、山形県米沢市の堂森善光寺で執り行われ、『花の慶次』シリーズを手掛けるニューギングループの関係者やシリーズ楽曲を歌うタレントの角田信朗氏が参列した。

 供養祭には米沢市のマスコットキャラクターの「かねたん」「けーじろー」も参加。全国から集まった総勢約150名の前田慶次ファンも傾奇者の衣裳やグッズを身に着けて供養した。

 読経の後には、境内でスポーツチャンバラ大会、ビンゴ大会などが催され、角田氏も急きょ、ステージに上がり、「空へ」など2曲を熱唱した。ライブ後にはファンと記念撮影をするなど親交を深めた。

 なお、ニューギングループでは、今回の供養祭に合わせてJR米沢駅ホームの看板デザインを一新した。

  • 法要後に急きょ角田氏がライブを行い、前田慶次ファンと親交を深めた。

    法要後に急きょ角田氏がライブを行い、前田慶次ファンと親交を深めた。

  • 供養祭に合わせて、米沢駅ホームにあるニューギングループの看板デザインも一新された。

    供養祭に合わせて、米沢駅ホームにあるニューギングループの看板デザインも一新された。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると