全日遊連、貯玉の補償上限等のアンケート実施へ

投稿日:

 全日遊連は、9月26日から10月10日まで、傘下の組合員ホールに対し、貯玉補償制度に関するアンケート調査を実施している。

 貯玉会員の約99%が30万円以下の貯玉(メダル)数であることなどから、貯玉補償額の上限を30万円相当にすることに対する賛否などを問うもの。

 現行の貯玉補償額の上限は100万円となっており、全日遊連では「100万円相当の補償上限は大衆娯楽の域を超えている」との観点などから、貯玉補償制度の見直しを関係団体と協議している。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.