セガサミーグループ6500名が集結し、新たな船出

投稿日:

社員食堂「JOURNEY’S CANTEEN」で説明を聞くツアー参加者。

 セガサミーホールディングスは9月25日、新オフィスを業界関係者に公開する「新本社GRAND HARBORオープンオフィスツアー」を開催した。

 オープンオフィスツアーには業界関係者が多数参加し、1時間毎にツアーが出発する形で行われ、はじめにPV上映による新オフィスの概要説明が行われた。

 ツアーに参加した一行には、総合受付、来客会議室「HARBOR」、スタートアップ企業や個人起業家が利用できるメンバー制のワークスペース「TUNNEL TOKYO」、セガのIPや歴代ゲームの実機が展示された来客用会議室「SEGA HISTORY」、「SAMMY WORLD」、1フロア約1660坪という都内最大級の広さを活かした業務・執務フロア、社員食堂「JOURNEY’S CANTEEN」などを公開した。

 新オフィスは、大崎駅南エリアにある大崎ガーデンシティ「住友不動産大崎ガーデンタワー」内(地上24F/徒歩約6分)。

 既に8月6日から順次営業を開始しているが、2019年までに同社および関連企業の20社が計13フロア(2~13F、24F)に集約され、約6,500人の従業員が従事する予定。

  • メンバー制のワークスペース「TUNNEL TOKYO」入り口。

    メンバー制のワークスペース「TUNNEL TOKYO」入り口。

  • 都内最大級の広さを持つ業務・執務フロア。

    都内最大級の広さを持つ業務・執務フロア。

  • 羅針盤をイメージした社長執務会議室。

    羅針盤をイメージした社長執務会議室。

  • 新本社のある「住友不動産大崎ガーデンタワー」。

    新本社のある「住友不動産大崎ガーデンタワー」。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると