福利厚生として注目!社内でできるふるさと納税

投稿日:

 ふるさと納税情報サイト「ふるさとプレミアム」を運営する株式会社ユニメディア(東京都千代田区)は7月、『オフィスでふるさと納税』サービスをリリースした。

 同サービスは日本初の職場でふるさと納税が出来る企業限定のサービス。ふるさと納税の仕組みから寄附の仕方、返礼品の受け取り方までを同社がわかりやすく説明するため、従業員は手軽にふるさと納税を利用できる。従業員は寄附額に応じてお得な返礼品をもらえるのはもちろん、企業は同サービスを無料で導入でき、さらに従業員がふるさと納税をした寄附総額の一部が事務手数料として返金されるなど従業員と企業の双方にとってメリットがあるサービスとなっている。

 すでに様々な企業で導入が進んでおり、そのほとんどが福利厚生として同サービスを活用しているという。

 同社は「職場内でふるさと納税のお得な体験をする事で、職場への満足度が向上し、また食料品や旅行券などの返礼品を同僚同士で共有する事で、社員同士の絆が強まり、会社への定着率の向上が見込めます。また企業にとっても費用を一切かけずにサービスを導入できるうえに、寄附総額の一部が事務手数料として帰ってくるので大変お得なサービスだと思います」と語った。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると