福祉施設の製品を《イルサローネ》2店で1万個提供

投稿日:

泉佐野店と貝塚店で提供している授産賞品。

 アサヒディードは5月1日、大阪府泉南地区の《イルサローネ泉佐野店》と《イルサローネ貝塚店》の2店舗が取り扱っている授産賞品の2016年度の出庫数が合計10,600個になったと発表した。前年より789個の出庫増となっている。

「地元の社会福祉施設の製品を置いてほしい」という遊技客の要望に応え、両店舗は2012年から地元の福祉施設(ささゆり作業所・夢二色)で生産される授産製品を賞品として提供している。

 2014年度からは兵庫県三田市の《イルサローネ三田店》でも福祉施設で作られたクッキーを毎月100個、賞品として提供している。

 同社では、「当店の従業員が製品を生産している人々や地元の社会福祉施設について理解を深め、1人でも多くのお客様に喜ばれる賞品の提供に努めていきたい」としている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると