アーケードゲームの祭典に約7万5000人が来場

投稿日:

3日間で7万5000人以上が来場した同イベント。最新技術を駆使したゲームが多数出展されていた。

 一般社団法人 日本アミューズメントマシン協会(里見治会長)などが主催するアーケードゲームの祭典「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017」が2月10日から12日の3日間、幕張メッセで開催され、訪れた約7万5000人が最新のゲーム機器に熱狂した。

 5回目の開催となる今回は、前回から会期を1日延長し、さらにドワンゴが主催するユーザー参加型ゲームイベント「闘会議2017」との合同開催で実施。過去最大規模の豪華な内容で行われ、前回の1万7000人を大きく上回る人々が詰めかけた。

 当日は、セガ・インタラクティブ、バンダイナムコエンターテインメント、コナミ、カプコンなどの大手企業を筆頭に15社が最新のゲーム機器を全て無料でプレイできる形で出展。今流行りのVR(仮想現実)を使ったゲームや人気コンテンツとコラボしたアーケードゲーム、最新のプリントシール機など様々なゲーム機器が各社のブースに並び、特にVRを使ったゲームは来場者の高い関心を引いていた。

 当日はそのほか、周辺設備メーカーもブースを出展。業界関連企業からは光新星が空気清浄機や喫煙ブース。マースウインテックがAir紙幣搬送システムや紙幣識別機などを展示してゲームセンター業界関連者にアピールした。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment
(C)SEGA
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 (C)CAPCOM

  • 今回の大きな特徴として話題のVRを使ったゲームが目立った。

    今回の大きな特徴として話題のVRを使ったゲームが目立った。

  • セガブースではファンタジーアーケードゲーム「SOUL REVERSE」やドライブゲーム「頭文字D」、トレーディングカードゲーム「三国志大戦」などを出展した。

    セガブースではファンタジーアーケードゲーム「SOUL REVERSE」やドライブゲーム「頭文字D」、トレーディングカードゲーム「三国志大戦」などを出展した。

  • 人気コンテンツのゲームも続々登場しているアーケードゲーム業界。写真は人気アニメ「進撃の巨人」のシューティングゲーム。

    人気コンテンツのゲームも続々登場しているアーケードゲーム業界。写真は人気アニメ「進撃の巨人」のシューティングゲーム。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると