「夢の超人タッグ、早く見たい」と新機種アピール

投稿日:

写真左から才木さん、中井さん、伊達さん、佐野本部長、富澤さん。

 山佐は2月9日、都内で『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』のプレス発表会を開催した。

 シリーズ第3弾となる今作は、初代の遺伝子を受け継ぎ純増約2.0枚のARTタイプで登場。当日挨拶した佐野範一取締役本部長は、「タッグをキーワードとしたゲーム性。プレイヤーを楽しませたいというシンプルな思いで開発した」などと同機について語った。

 イベントにはゲストとして、「キン肉マン好き芸人」を公言するサンドウィッチマンの伊達みきおさん、富澤たけしさんと、パンクラシストの中井りんさん、筋肉アイドルの才木玲佳さんが登場。

 サンドウィッチマンの2人は新機種について、「夢の超人タッグ編はキン肉マン好きの中でも一番盛り上がるシリーズ。『この超人同士が戦うのか』という本当に夢のタッグマッチ。早く打ってみたい」などとアピールした。

 なお、ホールデビューは4月上旬予定となっている。

(C)ゆでたまご・東映アニメーション (C)YAMASA

  • 『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』

    『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』

-新台

© 2020 グリーンべると