「平成イズム」を体現するエピソードを表彰

投稿日:

K-na賞大賞受賞者には豪華ラスベガス旅行が贈られた。

《ケイズ》《パーラーキング》の屋号で店舗展開する平成観光は10月24日、本社のある岐阜県多治見市内で社員総会「K-nation2016~Next Vision 人生変えちゃう秋かもね~」を開催した。

 同社の「平成イズム」を体現するエピソード、キャストを表彰する「K-na賞大賞」をメインにプログラムは展開。今回は13名がノミネート、2名が大賞を受賞した。また、勤続10年社員51名の表彰も行われた。

 来賓講演には株式会社リーダーシップコンサルティングの岩田松雄代表を招き、ミッションの大切さなどについて話を聞いた。

 今回の社員総会は副題からも分かるように、次の時代に向けた新たなビジョンの策定が大きなテーマ。同社では新たなビジョンに「すべての人がHAPPYに!100年続く企業へ!」を掲げ、同社・東野昌一社長も総括の中で「皆がハッピーでなければ会社が続く意味がない。仕事をする以上は、自分の成長に繋がる、周りの成長に繋がる、そんな日々を送ってほしい」などと呼びかけた。

 なお、当日は会の冒頭で社会貢献活動の一環として多治見市に100万円を寄付。また同社の推進するECO友活動の一環として岐阜県障がい者スポーツ協会に競技用車いす2台を寄贈した。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると