全商協チャリティゴルフ、寄付はスポーツ振興に

投稿日:

 全国遊技機商業協同組合連合会は9月2日、静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで「第7回チャリティゴルフコンペ」を開催した。

 会員の親睦及び他団体との交流を兼ねて年1回行っているもので、全国8地区の地区遊商から選抜された各遊商2チームに加え、日工組、日電協、全商協歴代会長を招待。20チーム80名によるチーム対抗戦で腕前を競った。

 優勝は高橋理事長率いる東北遊商「伊達男」チーム。四国遊商「お遍路さん」チームとネットスコアで並んだが、ハンディキャップの差で栄冠を手にした。なお、チャリティ金は昨年に続き、障がい者スポーツの成功に向け活動、2020年開催予定の「東京パラリンピック」運営を行う一般社団法人スポーツ・オブ・ハートに寄付した。

 コンペ前日に行われた前夜祭では全商協・中村昌勇会長と日工組・金沢全求理事長が挨拶。このなかで金沢理事長は回収対象機への対応に関して全商協の協力に謝意。「第3次リストの回収も我々だけでは難しい」として引き続きの協力を求めた。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると