プローバグループ、子供向け施設を九州に初出店

投稿日:

 広島県を中心にパチンコ店やゲームセンター、ボウリング場などを展開するプローバホールディングス(広島市安佐南区、平本直樹代表)は、4月21日に福岡市の博多マルイ7階にキッズスペース&リユースショップ『ピノキッズ博多マルイ店』をオープンしたと発表した。

 プローバHD子会社の(株)プロバックスが経営する。プローバグループにとってパチンコ店、アミューズメント施設等を含めて九州初進出となる。

 ピノキッズ博多マルイ店は、「ゆたかに すこやかに 大切に」をコンセプトに、子供服を中心としたリユースショップと子供が遊べるキッズスペースの複合店。リユースショップでは不要になった服や小物の買取販売などを行い、キッズスペースでは乳幼児から小学3年生までが楽しめる遊具などを用意している。

 この複合業態は、プロバックスが山口県宇部市「ピノッキースパティオ宇部店」で展開しており、この業態での営業は2店舗目となる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると