上野で不正パチンコ・パチスロ設置の賭博店摘発

投稿日:

 違法なパチンコ台やパチスロ台を設置して賭博を行っていたとして、東京・上野にある店の経営者らが警視庁に逮捕された。2月12日の報道各社が伝えている。

 逮捕されたのは経営者の男ら2人と客3人。報道によれば、店内にはギャンブル性が高いパチスロ台やパチンコ玉を打たなくてもボタンを押すだけで作動するよう不正に改造されたパチンコ台など計21台を設置していた。

 店は常連客や客引きが連れてきた客しか入店させず、入り口にはカメラ付きインターホンを設置し扉を二重にするなどして摘発を警戒していた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると