アレンジボールの名機が進化して完全復刻

投稿日:

『CRエキサイト』

 藤商事は11月20日、上野・東京支店でパチンコ新機種『CRエキサイト』のプレス試打会を開催した。

 同機は90年代のホールを席捲したアレンジボールの名機『EXCITE』を23年ぶりに復刻。盤面は当時の記憶がよみがえるイメージをそのまま踏襲し、2桁のセグ演出や大当たりへの期待感を加速させる「ピュイ」音等も完全再現している。当時のゲーム性を再現しながらも、「ニューモード」を搭載するなど継承・進化を遂げて復活する。

 ゲームフローは至ってシンプル。中央のクルーンの奥2穴に玉が入賞すると7セグが変動し、「3」「7」「F」が揃うと大当たりとなる。「3」「7」大当たり時は「Vアタッカーチャンス」に突入し、消化中にVゾーンに玉が入れば「エキサイトZONE(電サポ100回)」に突入する。一方、「F」大当たり時、V入賞の一部で電サポが次回まで継続する「DANGER ZONE」へ突入する。

 モードは初代演出を再現した「クラシックモード」と、枠フラッシュやカウントダウンXなど新演出を多数搭載した「ニューモード」の2種類から任意選択できる。出目演出がメインでシンプルながら新旧様々な予告アクションでプレイヤーのニーズに応える機種となっている。

 スペックは大当たり確率1/159.455(高確率時1/29.803)、確変突入率70.3%。電サポは100回or次回まで付与される。獲得出玉は約384個(4R)、約1056個(11R)、約1152個(12R)となっている(いずれも払出値)。「エキサイトZONE」はループ率は時短込みで80%以上で高継続に期待が持てるスペックだ。

 12月中旬より納品開始予定。

(c)藤商事

-新台

© 2020 グリーンべると