サミーがフィールズとの独占的販売取引契約を終了

投稿日:

 セガサミーホールディングスは3月31日、同社の主要子会社であるロデオとフィールズとの間で締結している独占的な販売代理店契約を同日付で終了することを発表。また、サミーブランドの一部のパチンコ機に関する独占的な販売代行店契約も4月末で契約終了とする申し入れをフィールズに行っていることを明らかにした。

 契約終了の決定は、同日に開催されたサミー及びロデオの取締役会で決議されたもの。同社では「今後、サミーグループの製品の販売は主にサミーグループが担うことによって、遊技機事業の収益性の更なる改善を図る」としている。

 3月31日付で契約満了となるのは、ロデオとフィールズとの間で平成15年4月1日に締結された「風俗営業認定機(回胴式遊技機)の売買に関する独占的な販売代理店取引基本契約」。また、サミーとフィールズで平成15年4月1日に締結した「風俗営業認定機(ぱちんこ遊技機)の売買に関する代行店取引基本契約」および「指定の代行店及びホール管理に関する業務委託契約」に関しては、自動更新されるものの、4月30日をもって契約終了とするべくフィールズと協議を行っている。なお、直近3カ年において、同社はフィールズに対して一部パチンコ遊技機の独占的な販売の委託を行っていない。また、フィールズはロデオの株式700株(議決権割合35%)を保有しているが、その取扱いなど詳細事項等については今後両社で協議を行うとしている。

 これに対して、フィールズは同日、「セガサミーホールディングス株式会社発表のリリースに関する当社見解」とするIRリリースを発表。「セガサミーホールディングスが発表した内容については、ロデオと当社間の契約が形式的な期限を迎えるにあたり開示されたものと認識している」との見解を示しており、「サミー及びロデオと当社間においては、本契約も包括した事業提携関係の全般の今後のあり方について協議を重ねており、引き続き誠実な協議を行うことで友好関係及び信頼関係に基づいた合意形成を図っていく」としている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると