マルセン財団表彰式、文化大賞に備前焼の隠崎氏

投稿日:

1団体11個人が受賞、千原理事長から表彰楯と副賞が贈呈された。

 成通グループ・ハリウッドチェーン(千原行喜代表)が支援する公益財団法人マルセン スポーツ・文化振興財団は8月26日、ホテルグランヴィア岡山で「第12回マルセンスポーツ・文化賞表彰式」を開催した。

 同賞は成通グループが本社を置く岡山県のスポーツや文化の振興発展を願い、岡山県ゆかりのスポーツ選手や文化人、団体を顕彰するもので、今年で12回目。

 今回は文化大賞に備前焼作家の隠崎隆一氏が選ばれ、千原多美子理事長から表彰楯と副賞100万円が贈呈された。その他、スポーツ賞は6個人、文化賞は1団体5個人が受賞し表彰楯と副賞30万円が贈呈された。スポーツ大賞の該当者はなかった。

 また、当日は県内のスポーツ7団体、文化15団体に対し活動助成金の贈呈も行われた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると