夢コーポ、新コンセプト店舗をお披露目

投稿日:

オープニングセレモニーで挨拶する加藤社長。

 夢コーポレーションは8月8日、グランドオープンを翌日に控えた《夢屋高富505店》のオープニングセレモニー及びメディア内覧会を開催。オープニングセレモニーでは同社の加藤英則社長、廣出ストアマネジャーの他、同店の開店に設計、施工で尽力した関係者が挨拶した。

 同社では今年に入り、約7年ぶりに新規出店を開始。1月オープンの一宮店、祖父江店に続き、高富505店が年内3店舗目、さらに同店は新たなコンセプトを採用した1号店となる。新コンセプトについて加藤社長は、「夢屋の空間とスタッフ、そしてお客様の3つが主体となってコミュニケーションが取れる場所」と説明。5年先、10年先のパチンコ店のあり方を見据え、「パチンコ・パチスロで遊ばない方にも来てもらえる店づくり」を目指した。

 そのコンセプトが最も色濃く表れているのが店内のレイアウト。メインエントランスからカウンターにかけた、本来メインの島が配置されるスペースにコミュニティースペースを大胆に配置することで、ふれあいの場所であることを強調。大型のテレビも設置されており、店内でのスポーツ観戦などを企画していきたいという。また、店内は静音化やバリアフリーにも配慮。スタッフはユニバーサルマナー検定を受講した。

 同店の廣出ストアマネジャーは「地域の方に『夢屋ができてよかった』といってもらえることが一番の目標」と抱負。グランドオープンにあたっては地元のお客様に来店してもらうことを優先し、あえて広域への告知は行っていない。

 設置台数は505台で、ゆとりをもった空間に仕上げた。女性トイレにパウダールームを設置したほか、オストメイト対応トイレも完備している。

※記事を一部訂正しています。

  • カウンター前の「特等席」をあえてコミュニティースペースにした。

    カウンター前の「特等席」をあえてコミュニティースペースにした。

  • 女性トイレにはパウダールームを設置した。

    女性トイレにはパウダールームを設置した。

  • 夢屋のマスコットキャラクター。羊の「ドリィ」(右)とバクの「バクリン」。

    夢屋のマスコットキャラクター。羊の「ドリィ」(右)とバクの「バクリン」。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると