ダイナムが「全日本スカッシュ選手権大会」に協賛

投稿日:

 ホール大手のダイナム(本社/東京都荒川区・佐藤公平社長)は、11月21日~24日の4日間にわたってヨコハマスカッシュスタジアム「SQ-CUBE」(横浜市港北区)で開催された「第43回 全日本スカッシュ選手権大会」に協賛した。

 スカッシュはイギリス・ロンドン発祥のインドアラケットスポーツで、世界185カ国、約2,000万人がプレイしており、小学生から年配の方まで生涯スポーツとして楽しめる国際的なスポーツの一つ。日本では約10万人がプレイしており、同大会は日本で開催されるスカッシュの大会の中でも最大の大会となっている。

 2020年の東京オリンピックに向けたスポーツへの関心の高まりを受けて、今後も実施競技入りを諦めずに目指していくスカッシュに対し、同社はその姿勢に共感。今回初となる同大会への協賛を決定した。

 同社では、今後も世界中に夢と感動を与えるスポーツの発展を応援していくとしている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると