山佐がレア役確変&液晶擬似リール搭載機を発表

投稿日:

シーマスター ~ララ、旅立ちのプレリュード~

山佐は11月11日、パチスロ新機種『シーマスター ~ララ、旅立ちのプレリュード~』を発表した。同機は99年に発表された『シーマスター』の後継機種で実に15年ぶりの復活となる。

 初代は業界初の4thリール「テトラリール」を搭載して話題を集めたが、本機は同社初の液晶擬似リールによる「キャラ連動型レア役確変機能」を搭載している点が最大の特長。

 この「キャラ連動型レア役確変機能」はAT中のオレンジ役出現が突入のメインルートで、レア役(チャンスリプレイ、強チェリー、スイカ、強ベル)の出現率が1/2.7と高確率に変動するゲーム数上乗せゾーン。

 キャラクターが各レア役と対応しており、アンディ(チャンスリプレイ=ロング確変のチャンス)、コヤック(強チェリー=上乗せ期待度No.1)、ミドリ(強スイカ=同行キャラが増えやすい)、キッくん(強ベル=一撃大量上乗せのチャンス)が同行。仲間が増えるほど上乗せのチャンスがアップし、最大75%でループする仕組み。

 このほか上乗せ特化ゾーンは5種類あり、AT中のゲーム数上乗せ確率は約1/44と “当たりやすく乗せやすい”スペックとなっている。

 AT「シーマスターRUSH」(1セット50G+α、1Gあたり約2.2枚純増)は3つの自力解除ゾーンのクリアor天井到達(AT間931G)で発動。AT当選確率は1/237.1 〜1/146.8。

 納品は12月14日が予定されている。

(C)YAMASA

-新台

© 2021 グリーンべると