開館1周年を記念して岡田美術館が内覧会を開催

投稿日:

横山大観の「霊峰一文字」は幅9mの超大作。

 岡田美術館(神奈川県箱根町)は10月3日、プレス関係者を招いて開館1周年記念「大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち」特別内覧会を開催した。

 内覧会に先立ち小林忠館長は、「皆様のご協力のおかげで7月末に観客はのべ10万人を超えることができ、感謝致します。岡田美術館がやがて100周年を迎えられるようになればと願っています」などと挨拶した。

 10月4日から来年3月31日まで開催される同記念展では、横山大観、菱田春草など、明治から昭和にかけて日本画の近代化を先導した画家達の華やかで革新的な作品を集め一堂に展示。その他にも下村観山、川合玉堂、奥村士牛、前田青邨、安田靫彦など粒よりの名作45点を展示している。

 岡田美術館は2013年10月に開館。ユニバーサルエンターテインメント創業者の岡田和生氏が蒐集した日本・東洋の美術品を公開する美術館。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると