日遊協、来年3月の就活合同説明会にブース出展

投稿日:

 日本遊技関連事業協会(日遊協)は9月25日に仙台で開催した第3回定例理事会の結果を報告した。

 それによると、正会員2社(ホール)、賛助会員2社の新規入会を承認。これで9月25日現在、正会員336社、賛助会員76社の計412社と団体加盟1(同友会)となった。

 報告および承認案件では、遊技産業活性化委員会、及び依存問題への取組みが報告されたほか、来年3月7日に有明・東京ビッグサイトで開かれる就活学生向けの「リクナビLIVE」(リクルートキャリア主催)への「パチンコ産業合同説明会」のブース出展が承認された。合同説明会ブースの出展は昨年12月に次いで4回目となる。

 その他、秋季セミナーとして、一般社団法人日本商事仲裁協会理事長、横川浩氏が「裁判から仲裁へ〜知っておきたい国際仲裁制度〜」と題した講演をおこなった。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると