さんさん商店街に歌声と笑いが響く

投稿日:

のど自慢参加者全員で記念撮影。

 日本遊技産業経営者同友会は9月15日、南三陸さんさん商店街と共同主催で「さんさんのど自慢」を同商店街特設ステージで開催した。

 年配の方から高校生まで11組がのど自慢に挑戦。また、会場には人気お笑いコンビのナイツも駆けつけ、ライブで会場を湧かせた。

 当日はゴジーラ久山さんやバンドー太郎さん、大葉由佳さんもモノマネライブやMCで活躍。来場した約300名の観客を大いに盛り上げた。

 この催しは、南三陸町の方々が老若男女を問わず集まれるようなイベントを開催したいという要望に応えて企画したもの。昨年は女子プロレス興行を開催、今年はそれに続く2回目のイベント主催となる。

 当日審査員を務めた同友会の松田代表理事は、「皆様の元気な声を聞いて元気をいただいた。今後も微力ながら支援を続けさせていただきたい」と挨拶。

 また、同じく審査員を務めた南三陸さんさん商店街の阿部組合長は、「皆様お出での中でのど自慢を開けてよかった。南三陸の分断されたコミュニティの再生と懇親の高まりを作り上げるため、同友会の皆様の協力を得てこのイベントを開催することができました」と挨拶した。

 なお、このイベントには同じく南三陸町で復興支援活動を行っている日電協、全商協、回胴遊商の3団体も特別協賛している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると