女性の活用をテーマに、日遊協が人材フォーラム

投稿日:

 日本遊技関連事業協会(日遊協)は7月18日、「女性活躍の集大成」をメインテーマに第11回人材育成フォーラムを開催、ホール企業の人事担当者など18社27名(女性16名)が参加した。

 講演では、日遊協広報誌で『女性社員訪問』コーナーを担当する(株)ゲンダイエージェンシーの佐藤聖子氏が「ホール業界で働く女性の魅力や本音を解説」と題して、女性が活躍する組織づくりなどを助言。その必須条件として、女性を活用していきたいというトップメッセージの重要性や、ほめる文化などを強調した。

 また、ホール企業のピーアークに入社し、現在グループ会社のデライト・コミュニケーションズ(株)に勤務する守屋擁氏が「ホール業界で働く女性のリアルトーク」として、仕事でモチベーションが下がった経験や企業側に求めることなどを語った。

 長崎市に本社を置くひぐちホールディングスの樋口益次郎社長は、女性社員をはじめ従業員に長く務めてもらうポイントなどを解説した。同社ではこれまで27名の女性社員が定年退職を迎えているほか、15組の親子社員が勤務している。

 その他、これまでのフォーラムで取りあげてきた「女性社員が活躍できる組織づくり」を総括したほか、参加者間で女性の活躍等について意見を交わした。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると