賭博容疑で経営者逮捕、スロット機を押収〜尼崎

投稿日:

 神戸新聞(7月14日付)によると、兵庫県警生活環境課と尼崎東署などは7月13日、常習賭博の疑いで、尼崎市内のスロット店経営・供田智容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同市・阪急電鉄園田駅前の複合ビル1階で営業する店のスロットマシンを使い、客の男性会社員を相手に現金を賭けて賭博をした疑い。同容疑者は容疑を認めているという。

 同課などはスロットマシン約40台を押収したという。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると