鹿児島のパチンコ店で数百万円強盗

投稿日:

 5月10日午後5時頃、鹿児島県出水市のパチンコ店「MGM出水店」で、男3人が男性従業員2人に刃物を突きつけ、現金が入ったかばんを奪って逃走した。南日本新聞などが報じた。

 報道によると、かばんには数百万円が入っていたとみられる。従業員1人が右腕に切り傷を負い、男らが逃走の際にぶつかった客1人が骨折した。出水署は強盗事件として捜査している。

 出水署と県警捜査一課によると、従業員2人が店内の両替機やパチンコ台から回収した売上金などの現金を事務所に運ぶ途中で襲われたという。男の1人は20代くらいで、身長180センチ程度のやせ形。男らは車で逃走したとみられる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると