『南国』が進化!『CRみどりのマキバオー』発表

投稿日:

『CRみどりのマキバオーH1AZ』

 平和は11月25日、東京・上野にある同社ショールームにてパチンコ新機種『CRみどりのマキバオー』シリーズの発表内覧会を開催。同機は同社からパチスロでも発売されている人気競馬漫画とのタイアップ機で、『CR南国育ち』のゲーム性を進化させた「グレードアップ・システム」が特長となっている。納品は1月上旬からの予定。

 大当たり後のモードが「CHANCE ZONE」と「LOOP ZONE」の2段階に分かれ、それぞれ異なる電サポ回数を持つ「グレードアップ・システム」。本機では『CR南国育ち』で好評だった8回転の「南国チャンス」を20回転〜最大100回転の「レースモード」(ループ率53%)にパワーアップさせ、初当たり後の「レースモード」中に大当たりを引けば、次回以降は大当たり終了後に電サポ100回転がつく「ワールドカップモード」(ループ率77%)へ突入する仕組みとなっている。

 また、本機はWアタッカーを採用しており、右アタッカー(賞球15個)、下アタッカー(賞球10個)それぞれに10Rと15Rの大当たり、電チュー入賞限定で発生する5R大当たりなど、出玉の異なる多彩なボーナスを搭載。出玉が多いほど確変期待度も高く、電チュー入賞からは高確率で出玉が多い右アタッカーの大当たりが選択されるため、ミドルタイプながらマックスタイプに匹敵する出玉性能も秘めている。

 『H1AZ』の主なスペックは、大当たり確率1/315.1(高確率時1/31.5)、確変突入率72.5%、時短20or30or50or70or100回、賞球数3&10&15、ラウンド数5Ror10Ror15R(8カウント)、出玉330個(5R下)or670個(10R下)or1000個(15R下)or1100個(10R右)or1650個(15R右)。

 また、ライトバージョンの『L1AW』は、大当たり確率1/118.1(高確率時1/25.0)、確変突入率55%、賞球数3&9&10&12(下アタッカー:9個、右アタッカー12個) 、ラウンド数5Ror10Ror15R(7カウント)、出玉251個(5R下)or502個(10R下)or742個(10R右)or754個(15R下)or1113個(15R右)。こちらは、初当たり後の「レースモード」が15回固定となっており、『H1AZ』と同様、「レースモード」中に大当たりを引けば、次回以降の大当たり終了後に電サポ100回転の「ワールドカップモード」(ループ率約80%)へ突入する。

(C)つの丸・スタジオ将軍/集英社・ぴえろ

-新台

© 2021 グリーンべると