アヴァンストレードが円滑な取引を助ける新機能

投稿日:

 中古遊技機トレードサイト「アヴァンストレード」を運営するアヴァンス(東京都台東区、赤沼秀典社長)は5月27日から、同サイト内の新機能として「スピード購入機能」を拡張した。

 今回拡張させた「スピード購入機能」とは、購入までのやり取りを簡素化させて買主側の手間を大幅にカットするもの。

 取引の流れとしては、従来、「問い合わせ・条件提示(買主)→返答(売主)→購入承認(買主)→売却承認(売主)」という二度のやり取りが発生していた。そこで同機能を使うと、買主側が購入承認を事前に行う事で、売主側は一度の承認を行うだけで成約まで進めるため、最短3分でやり取りが完了する仕組みだ。

 さらに、同機能を使うメリットとして、買主側は短期間で多台数を求めている場合、複数物件に同時に問い合わせることが可能となり、売主側では売却「するorしない」の判断のみで済むため、迅速な意思決定が可能となる。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると