ニューギン、新機種2機種を同時発表

投稿日:

『CRAさくらももこ劇場コジコジ』

 ニューギンは6月3日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CRAさくらももこ劇場コジコジ』シリーズ及び『CR三國志N-K』の発表内覧会を開催した。

『CRAさくらももこ劇場コジコジ』シリーズは、「ちびまるこちゃん」でお馴染みの漫画家・さくらももこさん原作とのタイアップ機で、ラウンド振り分け型の『N-K』と時短ループ型の『N-V』の2タイプが用意された。

 『N-K』は出玉のある大当たりが5R(約420個)と15R(約1240個)の2種類あり、大当たり確率1/89.75(高確時1/8.98)の甘デジタイプだが出玉感のある仕様となっている。確変は100%突入のST5回転。時短は確変終了後に25or45or95回が付加され、特に15R大当たり後は95回となる(電サポあり時の2R大当たり後にも突入)。

 『N-V』のスペックは、大当たり確率は1/55.63(高確時1/5.56)で、確変は100%突入のST4回転、時短は4回or54回(高確率4回含む)。出玉は約240個(3R-7C)。特長は「王様モード」(ST4回転+50回時短)と大当たりのループ。初当たりを含めて保留内で3連続大当たりとなると「王様モード」へ移行し、以後は継続率82%で「王様モード」と大当たりがループする。

 「王様モード」突入までの流れは、まず初当たり時に電サポなしの「ハネモノモード」(ST4回転)に突入。ここで保留連チャンすると4回転の電サポありの「チャレンジモード」(同)に突入し、再度保留連チャンすれば「王様モード」に昇格する。

一方の『CR三國志N-K』はミドルタイプの「Wバトルシステム」を継承したほか、遊びやすさとメリハリのある出玉感を追求したスペックが特長。なお、ミドルタイプを所有するパーラーは、新リユースシステムの「ECOパチ」並びに「ECO中」を利用して低価格で導入できる。

 大当たりは16R(約1220個)と8Rを搭載。8R大当たりは速開放の有無又はタイミングによって6パターンがあり、出玉も異なる仕様となっている。

 主なスペックは、大当たり確率1/119.75(高確率時1/11.98)、確変は100%突入のST8回転、大当たり終了後に40or70or100回時短(ST8回転含む)、出玉は約310個?約1220個。

(C)さくらももこ/TBS・日本アニメーション
(C)2010 TECMO KOEI GAMES CO.,LTD. Allrights reserved.

  • 『CR三國志N-K』

    『CR三國志N-K』

-新台

© 2021 グリーンべると