平和、PS同時にゴルゴ13シリーズを発表

投稿日:

『ゴルゴ13 あの男に連絡だ!』

 平和は6月15日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CRゴルゴ13』シリーズとパチスロ新機種『ゴルゴ13 あの男に連絡だ!』(オリンピア製)を同時発表する内覧会を開催した。納品は、パチンコが7月19日、パチスロが8月1日から開始される予定。

パチンコ版ではMAXタイプの『H9AZ』(大当たり確率1/390.1、確変突入率80%)とライトミドルの『L9AX』(同1/119.8、75.3%)の2タイプが用意された。両タイプとも、大当たりは「MADゴルゴボーナス」(16R確変)と「ゴルゴボーナス」(13R確変)、「アサルトボーナス」(13R確変)の3種類を搭載する。

 特に注目なのが、ランクアップ型の大当たりである「アサルトボーナス」。同大当たりではバトルの勝利数によって出玉が変動し、1回のバトルに勝利するごとに4R分の出玉が得られる。3回のバトルに勝利すれば最大となる13R分の出玉を獲得できるが、1?2回の勝利でも最後に13Rに昇格する逆転パターンもある。

『ゴルゴ13 あの男に連絡だ!』
『ゴルゴ13 あの男に連絡だ!』
 一方、パチスロ版は、1セットのボリュームを抑えた反面、ART「ゴルゴチャンス」(1セット13G、純増約1.3枚/G)の突入率及び連続性、上乗せ性能を重視した仕様が大きな特長。

 ARTの突入契機はボーナス中の各種条件で、スーパーゴルゴボーナス(240枚)では赤7揃い(1/99)、ゴルゴボーナス(180枚)ではバトルに勝利(3択チャレンジの成功によって期待度が変化)、RB(60枚)では「G-ミッション」でWINに対応するリールが最初に始動する、となっている。

 また、ART中に発生するミッションに成功することでARTが上乗せされ、このミッションは1/10で発生し、成功率は平均30%以上と上乗せが期待できる仕様であるほか、継続に失敗しても「G-チャレンジ」で3択チャレンジに自力で成功すればARTに再突入する。

 さらに、次回ボーナスまで継続する無限ART「スーパーゴルゴチャンス」も搭載。ART中のミッション成功やスーパーゴルゴボーナス中のロングフリーズ、通常プレイが天井に到達することで突入する。

 主なスペックは、SGB、GB、RBの各ボーナス確率は1/690(設定1)?1/596(設定6)で共通。合成確率は1/230?1/199、出玉率は97.3%?112.1%。1000円あたりのゲーム数は32.5G。ボーナスとの重複当選で最も期待できるのは約20%のG揃い(5枚役)となっている。

 なお、新機種の発表に合わせてキャンペーンを6月18日(金)?8月17日(火)まで開催。キャンペーンサイトに登録することで携帯電話に「ミッション」が配信され、クリアした人の中から抽選でオリジナルコンテンツやゴルゴ13スペシャルアイテムが当たる。

(C)さいとう・たかを/リイド

-新台

© 2021 グリーンべると