公道レースのスリル感をマックスバトルで全開!

投稿日:

『CRレッドゾーンZA』

 西陣は12月9日、同社の全国各拠点ショールームでパチンコ新機種『CRレッドゾーンZA』の発表内覧会を開催した。

 レッドゾーンは公道レースのスリル感を書き起こした西陣オリジナルコンテンツ。これを右打ちによるスピード感で表現したマックスバトルタイプとなっている。

 アタッカーは「下」と「右」の2つ。すべての大当たりが右打ち消化となる。「下アタッカー」で消化される通常大当たり終了後の時短(70回転)も右打ちだ。

 興奮の確変「キャノンラッシュ」モードには下アタッカー消化の16R確変大当たり(特賞出玉1600発)で突入する。キャノンラッシュ中に右アタッカーを何回開放できるかがゲーム性の軸になっており、最大開放は64回(16R)。4回開放ワンセットで1R換算される。1回開放は小当たりに対応したもの。開放回数は1回(小当たり)、8回(2R・140発)、32回(700発)、48回(1080発)、16回(1430発)に振り分けられる(32回、48回、64回開放はいずれも16R確変だが、開放回数が違う)。

 確変は下アタッカー開放の16R通常大当たりを引かない限り継続。ただバトル終了しても1600発の出玉がつく。下アタッカーが作動していても内部的に確変が潜伏している場合もある。

 大当たり確率は1/397.7。確変突入率は83%。カウントは9C。納品は1月24日から。

【大当たり内訳】
● ヘソ入賞時
「16R確変(下アタッカー開放)」70%:「2R確変(下アタッカー開放)」13%:「2R通常(下アタッカー開放)」17%
● 電チュー入賞時
「16R確変(右アタッカー64回開放)」15%:「16R確変(右アタッカー48回開放)」10%:「16R確変(右アタッカー32回開放)」22%:「2R確変(右アタッカー8回開放)」30%:「16R確変(下アタッカー開放)」6%:「16R通常(下アタッカー開放)」17%

-新台

© 2021 グリーンべると